1. ホーム
  2. 調査事例
女性相談員に相談中 女性相談員に相談中

  • 個人様・法人様
  • Case
  • 調査事例

調査事例紹介

ガルエージェンシー梅田キタでお受けしてきた調査事例をご紹介します。

Case 1

【浮気・不倫調査】
浮気が原因!?突然、家を出ると言って、出て行った夫

相談内容
夫 年齢:40歳 職業:公務員 浮気調査
ご相談者
妻 36歳 パート勤務
状   況

夫、妻、小学2年生の子供男の子 3人暮らし
結婚して10年色々なこともありましたが、それなりに幸せな家庭を築いていると思いながら生活をしていました。
年に何度かは家族と一緒に旅行に行ったり、月に数回は外食することもありました。
しかし数日前に、突然「別居したい。このままの生活を続けていても先が見えない、もっと自分の生活を大切にしたい。」などと急に言い出しました。
そして、今月末には栄を出て行くと、マンションの部屋も契約をしている。もちろん生活費は払う、養育費も払う。
しばらく離れて生活をすることで、お互いを見つめなおしたい・・
あまりにも突然で、子供もまだ小さいのにこれからどうするつもりなのか?なぜ?とそんな思いがありました。
最初は、浮気?と疑うようなことは一切ありませんでした。夫はそのような性格では無いと思っていましたし、これまで女性がいるような印象を受けることは殆どありませんでした。

ご依頼主の希望

夫が急に出て行くと言い出して、別居をしたいと言い出す。

その為、まずは事実を知りたいと考えている。

浮気をしているのか?

本当に一人で住んでいるのか?

事実を知って今後のことを考えたい

調査内容

相談内容

これまでの状況は、夫婦関係はそんなに悪くもなく、子供ももう一人作ろうと話をしたりもしていました。
夫もまんざらではない様子で、中々できないと検査や不妊治療を検討するような態度も示していました。
夫は公務員で、時間も定時に終わることが多く、帰宅するのも夜遅くなることは殆どありませんでした。
但し、休日には出かけることも多くありました。
テニスが好きで、テニススクールに入って、週末は天気のいい日は殆ど出かけて、朝出かけると夕方まで帰ってくることはありませんでした。
子供とは土日のどちらかに近くの公園に出かけたり、ショッピングセンターに出かけたりして、それなりに仲良くしていました。
夫は家事の殆どは任せっきりで、子育て、家事全て私がやることになっていました。
但し、それなりの収入もあり公務員で、リストラも無いと思っていたので、今の生活がこれからも続くものと特に何も気にすることもありませんでした。
平日は、毎朝同じ時間に出かけ、夜もほとんど同じような時間に帰宅していました。
但し、土日に出かけてからの行動はテニスはしているとは思うのですが、実際どのように過ごしているのか、疑ったことも無かったため、スクールでテニスをしているものと信じていました。
離婚を考えている様子は無く、あくまでも別居生活。しばらく様子を見て、今後を考えたいとのことでした。
夫が出て行ったあとを色々調べてみると、気になるものが色々と出てきました。
・下着は全て私が買っていましたが、何枚か見覚えの無いものがある
・夫の趣味とは思えないようなネクタイ、これも今までは私が買っていましたが、買った覚えはありませんでした。
・古い手帳を見ると、気になるマークが土日に書かれている
・女性からのプレゼントらしいメモ用紙
・自宅で使用していたパソコンを見ると、検索した履歴をすべて削除していることが分かりました。
平日は時間的に余裕が無い為、土日に本当は何をしていたのか気になるようになりました。
友人などに相談したところ、女性がいるのではないか?との意見ばかりでした。
それまで、疑うことが無かった私が、あまりにも馬鹿らしく感じました。
弁護士にも相談してみましたが、証拠が無い為何もできない、まずは事実を知らないとどうしたらいいかも判断できないでしょう?
と言われました。
冷静に考えると、その通りで、疑わしいと考えても事実がどうなのか?
まだ確認ができていない為、まずは事実を把握しようと考えて、弁護士にどうしたらいいか相談しました。
そうしたら、付き合いのある探偵事務所を紹介してもらいました。
探偵業界で最大手のガルエージェンシーでした。会社名は聞いたこともあり、弁護士からの紹介と言うことで、安心して相談してみることにしました。
電話で対応してくれた女性の相談員の方も、親身に話を聞いてくれたので、予約をしてまずは無料相談をしてみることにしました。
色々と話をして、アドバイスなどもいただき、これまでの気持ちも何か随分と楽になりました。
そこで、思い切って調査をしてみることにしました。

調査結果(探偵事務所側からの見解)

夫は出て行くとは言ったものの今住んでいる住所を教えてはくれませんでした。
そのうちに教えるとだけしかいいません。
その為、探偵さんが提案してくれた、勤務先からまずは退勤後の調査をしてみることにしました。
実際にどこに住んで、どのような生活をしているのか?
本当に一人で住んでいるのか?夫はこれまで一人暮らしの経験もなく、全く家事をしていませんでしたので、一人暮らしをすることにかなりの違和感も持っていました。

調査は夫の勤務先から調査を開始
敷地はかなり広い為、複数の調査員で対象者の夫の姿を確認する必要がありました。
対象者に不審がられず本人を確認することは当然ですが、勤務先の職員にも不審がられないことが大切となります。
これから数回同じように調査を行う可能性もある為、不審がられてはこれからの調査にも影響をする場合もあります。
そのようなことも考えると、一人や二人で調査をすることにはどうしても限界があります。

お聞きしていた定時の退勤時間の18時過ぎにご主人と思われる人物が建物内から出てくる様子が確認できました。
提供していただいた写真や特徴から、本人に間違いないと判断できましたが、念のため撮影した写真をメールにて依頼者様に確認していただき、間違いが無いと判断していただいた上、対象者の行動を調査します。
勤務先を出て、最寄りの駅に向かいました。
数駅後の〇〇駅で下車しました。自宅の途中の駅です。移動中の電車の中ではスマートフォンをずっと操作していました。
そのような様子も観察しながら報告します。
駅を出てしばらく行くと、スーパーに入り買い物を始めます。
しばらくすると、女性が近づいてきました。
するとにこやかに話をしながら買い物を続けました。
一人分としてはかなり多い食料品を買い、支払をする。
スーパーから二人で出てきて、しばらく歩いてマンションに入る。
調査員は、一緒に生活しているような雰囲気を感じ田と言うことです。
一連の行動をご依頼者様に伝え、二人の様子も合わせて報告させていただきました。
しばらく調査を継続して、様子を見ることに、しかししばらくしても出てくる様子が全く無い為、本日は一旦終了することとしました。
そして、翌日の朝、出勤時の時間帯に合わせて、改めて調査を行ってみることに。

翌日の朝、調査を開始しすることに
朝、マンションをご主人と女性が一緒に出てくる様子が確認できました。
もちろんその様子も撮影します。
駅まで一緒に歩いて、同じ電車に乗る様子も確認できました。
勤務先の○○駅で一緒におりましたが、そこで別々に歩き出しました。
調査員はご主人と女性を別々に尾行調査を行いその後の行動を調査します。
別々に歩き出しましたが、結局はご主人と同じ職場に入っていく様子が確認できました。
その後、しばらくしてその建物に入り、確認をしたところご主人と同じ職場で仕事をしている様子も確認できました。
同じ職場の人と浮気をして、その挙句一緒に生活をしていることが判明できました。

一通りの状況が確認できたうえで、ご依頼者様にご報告し今後の調査についてご相談をさせていただきました。
今後の調査は、同じような調査を2日間行い、休日の様子も合わせて調査することとなりました。
また、女性の名前や身辺についても調査を行いご報告しました。
このような状況とは全く当初は考えていませんでしたが、結果を踏まえてよく考えて法的な手続きを進めるとのことでした。
相手の女性は、同じ職場で、趣味もテニスで意気投合したようです。週末は一緒にテニスをしている様子も確認できました。

ヒラメキ!
調査内容

Case 2

【結婚(前)調査】
大手金融機関に勤務している男性(34歳)の様子が最近、以前と違ってきた感じがする。

相談内容
交際相手の男性の結婚(前)調査
ご相談者
32歳の女性
状   況

大手金融機関に勤務している男性(34歳)の様子が最近、以前と違ってきた感じがする。
既にお互いの親にも紹介をして、結納も交わしているのに
・結婚式の延期を相談してきたり
・休日に会う頻度も減ってきた。土日に色々と理由をつけて言い訳がましい?
・言い訳をする際になんだかよそよそしく感じる
・デートの回数が減ってきた
・一緒にいても以前ほど楽しく笑わなくなった
・目をそらすしぐさが気になる
など、気になる素振りが色々なケースで感じるようになってきたようです。
それで、気になってご相談に来られました。

 

ご依頼主の希望

色々と具体的に話をお聞きすると、ご本人以上に違和感を感じる。 普通では考えにくいかなぁと。 結婚を前にしている二人であれば普通はもっと、ラブラブのはず。 その為、普段の行動をしばらく様子を見ることにしました。

調査内容

ご依頼者様と打ち合わせにより、週末、会えない日に合わせて朝、出勤から退勤後の調査をすることにしました。
聞いている勤務先が本当に正しいのかも不安に感じていたようです。
まずは、出勤時間に合わせて自宅付近で調査員が張り込みによる調査を開始。
対象者にはもちろんですが、住民の方周辺の方にも不審がられないように調査を進めます。
最近は、住民の方に不審がられるとすぐに通報されてしまいます。
110番へ電話することへの抵抗感がほとんど無くなっているように感じます。
これは決して悪い傾向では無いとは思いますが、
・警察の方の業務が増える
・ちょっとしたことで不審者と思われてしまう
・なんでも気軽に警察の方へ相談をしてしまう
このような弊害も多くなっているのではないでしょうか。
見慣れない人がいるとすぐに通報されることが大変多くなっています。
探偵業界としては、結構調査に支障をきたしているのは実情ですW
もちろんそんな中での調査は遂行し、結果を必ず出します。

(余談でした)

ご依頼者様から聞いていた住居から、朝の7時過ぎに出てくる様子を確認できました。
撮影した写真を念のため、ご依頼者様へ送って本人確認を行います。
似てはいるけども、本当に対象者なのか確認をしていただきます。

住居から出てきた対象者の男性
大手金融機関へ出勤するにはどう考えてもふさわしくない服装、ラフすぎる。
Tシャツに、ジーンズそれも結構くたびれた感じです。
電車、バスを使用し入っていった会社は、大手金融会社ではなく。
飲食業のチェーン店?
しばらく様子を見ていると、その店で対象者が接客をしている様子が確認できました。

そのような状況も随時、依頼者様へ報告しながら調査を進めます。
写真をメールなどで送ることも可能です。
対象者を間違って調査していないことをお伝えしながら調査を進めます。
中にはあまりの違いに、違う人を調査しているのではないか?
と、不安に感じられる方もいる為、状況を電話だけではなく、写真をお送りしながら進めることも可能です。

その後の行動も気になるとのことでしたので、しばらく調査を継続することにしました。
5時間後にその職場を出てきて、電車で移動し、向かった先は、ハローワークに入りました。
パソコンで求人の内容を確認している様子が確認できました。

ご依頼者様にはその内容を詳細にお伝えし、数日後に調査報告書にまとめてご報告させていただきました。
調査報告書をご覧いただくまでは、本当なのか?大変不安だったようでしたが、実際の調査報告書をご覧いただいたら、あまりの衝撃でしばらくは放心状態でした。
なぜ、このようなうそをついていたのか、分かりませんが、本人ときちんと話をしてみます。とのことでした。

ヒラメキ!
調査内容

Case 3

【弁護士・司法書士等士業者様向け】
公示送達の為の「現地調査サービス」のご提案

相談内容
公示送達をしたいが、相手に届かない。住んでいないのか、受け取りを拒否しているのか分からない。
ご相談者
弁護士、司法書士、行政書士
状   況

現地調査の概要
全国の調査が可能です。住居の現地調査をプロの探偵が調査いたします。
大阪からのご依頼で、全国一律の料金で調査が可能です!
現地調査の目的
•裁判所からの書類を送付しても受取が拒否され、処理に困っている
•裁判所から現地を確認するように要求されたが、遠隔地で対応が困難
•現地調査は信頼できるところへ頼みたい
•相続人に連絡がつかず相続処理が進まない
•直接訪ねて本人に事情を聞いて欲しい

ご依頼主の希望

調査の可能事項
全国に100拠点を超えるガルエージェンシーが、面倒なお悩みにお答えさせていただきます。
□住居確認調査
□現況確認(外観観察、ポスト・郵便物の状況等)
□不動産所有状況、賃貸なら管理会社や管理人への状況確認
□近隣者への聞き込み(目撃情報、在宅時間、外出時間、乗り物の状況等の聞き込み)
□伝言通知(本人不在時)
□その他、ご要望に応じて対応可能です。
調査料金
全国一律:30,000円(税抜き)
但し、事務所から20㎞を超える場合は、交通費の実費をご負担いただきます。
お気軽にご相談ください。

調査内容
ヒラメキ!
調査内容

Case 4

【浮気調査】
浮気を繰り返す夫。証拠が取れたら離婚する!

相談内容
夫(38歳、会社員)の浮気
ご相談者
状   況

・夫は3年前にも浮気をしている
・問い詰めても認めない
・浮気の傾向があることは間違いない

ご依頼主の希望

・浮気をしているなら2回目。絶対に許せない
・確実な証拠を得て離婚したい

浮気を繰り返す夫。証拠が取れたら離婚する!
浮気を繰り返す夫。証拠が取れたら離婚する!
調査内容
  • 金曜日の帰宅が遅いという行動パターンから、金曜日の退社時間に合わせて会社前で待機し、尾行調査を始める。
  • 会社最寄り駅から自宅とは反対方面の電車に乗り、ある駅で下車。改札を出たところで女性と合流するのを確認した。
  • 夫は女性とレストランへ入る。撮影できそうだったため、調査員も入店し、撮影を行う。
  • 食後、2人はホテルへと入り、約2時間後に出てくる。入る姿、出る姿を撮影する。
  • 別れ際、駅でキスを交わす姿も記録する。
  • 1日だけの記録では、どんな言い訳を口にするか分からないとのことから、後日もう一度金曜日の動きを追う。結果、同じ女性とホテルに入る姿の記録に成功。
  • 女性への慰謝料請求のため、女性の身元調査も実施した。

鮮明な調査報告書がそのまま証拠となり、夫へ500万円、女性へは300万円の慰謝料を請求することができました。

ヒラメキ!
調査内容

Case 5

【浮気調査】
友人が目撃!見知らぬ女性と歩く夫

相談内容
夫(46歳、会社員)の浮気
ご相談者
状   況

・友人から、夫が別の女性と腕を組んで歩いていたという情報
・ここ最近、あやしいと思うことがあった

ご依頼主の希望

・本当に浮気をしているのか、知りたい
・浮気をしていた場合、確実な証拠がほしい

友人が目撃!見知らぬ女性と歩く夫
友人が目撃!見知らぬ女性と歩く夫
調査内容
  • 携帯をよく触った翌日の退社時間から尾行調査を行う。
  • 尾行を始めてから4日目、午後2時すぎにホテル街で女性と待ち合わせ、ホテルへ入った。
  • ホテルへ入る姿と、約3時間後、ホテルから出てくるところを撮影。
  • 二手に分かれて相手の女性を尾行すると、デリヘルと思われる事務所へと入っていくところを確認できた。
  • 妻が友人から聞いていた女性像とは異なるため、調査を継続。結果、複数の女性と関係を持っていたことが明らかとなった。

ホテヘル・デリヘルほか、複数の女性と肉体関係を持っていたことが分かり、ご依頼主は離婚を選びました。ガルエージェンシーの顧問弁護士を紹介し、サポートを続けています。

ヒラメキ!
調査内容

Case 6

【身辺調査】
ストーカー行為を繰り返す元社員

相談内容
元社員(30歳、保育士)
ご相談者
経営者
状   況

・調査対象の元社員は、暴言を吐いて退職
・退職後頻繁に、会社に嫌がらせの手紙を送ってくる
・元上司の女性に異常な執着を持っている
・身に起こったことの原因は全て元上司のせいと思いこんでいる

ご依頼主の希望

・元上司の女性が身の危険を感じているため、少しでも安心させたい
・危険回避対策を立てるため、元社員の行動パターンを知りたい
・警察を動かすため、証拠をつかみたい

ストーカー行為を繰り返す元社員
ストーカー行為を繰り返す元社員
調査内容
  • 会社近辺に姿を現すことが多いため、姿を見せたタイミングから尾行調査をスタート。
  • 現住所などを確認、記録する。
  • 数日間尾行調査をしたところ、ご依頼主から聞いていた問題行動のうちいくつかを撮影することができた。

元社員の行動パターンを報告することで、ご依頼主と元上司の方に、一定の安心を得ていただけました。また、調査報告を提示して警察に相談したところ、元社員へ警告・指導を実行してくれたとのこと。
元社員はそこで初めて、自分の行為が違法なものと知り、嫌がらせはパタリと止まったのでした。

ヒラメキ!
調査内容

contact us24時間受付

相談・調査に関することなら、
お気軽にお問い合わせください。