1. ホーム
  2. 社長ブログ
  3. 交際相手の彼(彼女)の浮気・不倫が発覚した。結婚はしていないが慰謝料を請求ができるのか?総合探偵社ガルエージェンシーが解説します。
新着情報メイン画像 新着情報SPメイン画像

  • ガルエージェンシーのブログ
  • President
  • 社長ブログ

社長ブログ

浮気調査について

交際相手の彼(彼女)の浮気・不倫が発覚した。結婚はしていないが慰謝料を請求ができるのか?総合探偵社ガルエージェンシーが解説します。

浮気調査

 

 

最初に、法律に関する事項は必ず、弁護士など法律事務所へご相談ください。

・はじめに、探偵社ガルエージェンシーの考え方です。
まずはご相談者様のお話をゆっくりとお聞きすることから始めます。
ご相談者様に寄り添い、どのようなご協力ができるか?
一緒に話をお聞きしながら、最善の方法をご提案することをお約束致します。

それでは、ご説明させていただきます。

>交際している彼(彼女)の素行が気になる。会えない日が多くなり会えない理由が気になる。会えていない時に浮気をしている?
>付き合っている彼(彼女)の行動が最近気になる。言動も不自然なところもありこれって浮気!?
>婚姻関係では無いが、同棲している。事実婚状態である場合浮気が発覚した場合、慰藉料を請求することは可能か?

 

 

彼(彼女)と会えない理由が何となく気になる。
上の空のような時がある
会っている時にもスマホを気にしている時がある
これまでと違って色々と気になる。そのような時に浮気をしているのではないか?と疑いを持つこともあるでしょう。

 

 

浮気が本当だった場合、許せない。ほとんど同姓状態。
事実婚の状態で、籍は入れていないが実際には夫婦関係であるような状態。
結婚も約束している。そのような状況で、浮気が発覚した場合、調査は可能なのか?法的な手続きをすることができるのでしょうか?
そのような不安を感じている方へ詳しくご説明させていただきます。

 

 

□交際相手の彼(彼女)の素行・行動が気になる「これって浮気!?」
彼(彼女)の行動が気になる、不審に感じるようになった。これまでと違ってきたと感じたところはありませんか?
色々な不審に感じる点があればひょっとして浮気では無いか?
と疑いを持つようになってくる。
どのような行動が浮気をしている可能性が高いのか?
ポイントを開設させていただきます。

 

>連絡が取りにくくなった。電話がつながらない、LINEが既読にならないそのような時間帯が定期的にある
連絡が取れなくなったからそく浮気!?と限ったわけではありませんが、これまでいつでも頻繁に連絡をしていたのが急に取れなくなった場合は疑いを持つことも必要でしょう。
やはり電話に出にくい、LINEを見ることができない。既読にしてすぐに返事ができない。
そのような理由が考えられます。
連絡が取りにくくなった場合、注意して様子を見た方がいいでしょう。

 

 

>接触を拒否されるようになる。周囲を気にするようになる。
・自宅に呼ぶことを嫌うようになる
・車に乗せることを拒むようになってくる
これまでは、自宅へも良く行っていたのに自宅へ行くことを色々な理由をつけて拒否されるようになる。
理由も何か不自然で突然、慌てたように色々とこじつけみたいな理由を言ってくる。
部屋には色々な痕跡が残る為に拒否する!?

 

 

・不自然な長い髪の毛
・従来に比べて部屋が片付いている
・女性のものと思われる品がある
・キッチン周りがきれい、片付いている
・冷蔵庫の中が以前と明らかに違う

 

 

女性を部屋に入れると色々な痕跡が残ります。
また、あえて痕跡を残そうともします。自己主張をするためですね。
それを男性も感じるから、怖くて部屋に呼ぶことができなくなります。

 

□交際中の関係でも浮気が発覚したら、彼氏、彼女相手に慰謝料の請求ができるのか?
あくまでも交際中の関係でも法的に慰謝料を請求したりできるのか、婚姻関係でもないのに浮気をしたから慰謝料の請求ができるのか。
法律上では 「婚姻関係の場合は慰謝料の請求ができる」と書かれています。
やっぱり、婚姻会計でないと法律的に慰謝料の請求などはできないのか?・・・
いえ、すぐにあきらめる必要はありません。
婚姻関係では無く、交際中で有っても慰謝料の請求ができる場合があります。
それはどのような場合かと言うと、「婚約をしている。同居していて、事実婚」このような関係であれば慰謝料を請求できる可能性があります。
その為、交際期間が短く、同居してなく、付き合っているだけの場合は、浮気をされた!許せないから慰謝料を請求したい!と考えても中々難しいでしょう。

 

 

「婚約をしている。同居していて、事実婚」このような関係であれば、婚姻関係であることに非常に近しい関係にあるとみなされると言うことです。
また、あまりないケースかもしれませんが、誓約書や宣誓書など「浮気をした場合は、慰謝料として〇〇万円を支払います」などと言った文章を作成した場合は、浮気をした場合慰謝料を請求できます。

 

 

かなり高いハードルかもしれませんが、このような場合であれば慰謝料の請求や法的な手続きを行うことができます。
気持ち的には結婚を考えていたが、婚約をしていたわけでは無い、同居して事実婚の関係では無い、そのような場合は非常に難しいかもしれません。
判断が難しい場合は必ず、法律事務所へご相談ください。

□最後に、ガルエージェンシーと私の信念
探偵に一番必要なのは、最終的には「調査力」と考えております。
1日でも早く、ご相談者様に悩みや不安から抜け出してもらいたい。
そのために、最高の調査をチームで行う。それが私(探偵社ガルエージェンシー)の信念です。
それでは、まとめです。

 

 

□まとめ
今回は「浮気をしている彼氏、彼女に対して法的な手続きや慰謝料の請求をすることが可能なのか?」についてご説明しました。
婚姻関係にある場合に比べてどうしてもハードルは高くなりますが、慰謝料を請求できる可能性がある場合もあります。
自分はこのケースに当てはまるのか?
かなり繊細な部分ですので、判断に迷うようでしたら法律的なことは弁護士事務所などの法律事務所へご相談ください。
調査に関することでしたら、総合探偵社ガルエージェンシーに是非ご相談ください。

 

 

まずはお気軽に無料のメール相談をご利用ください!
無料相談メールはこちらです!

 

 

◆探偵・浮気調査 No.1には理由があります。
探偵業界最大手・ガルエージェンシーは、約40年の歴史の中で調査力を磨き、数多くの実績を積み上げてまいりました。
相談者様の不安なお気持ちに、相談員・探偵一同寄り添い続けた結果、厚い信頼をお寄せいただけるようになったのです。
一歩踏み出して、私たちに悩みをお聞かせください。
プロフェッショナルな探偵調査員が、あなたの絶対的な味方になります。

 

 

ガルエージェンシー相談員

 

◆探偵社ガルエージェンシー
・梅田キタ
大阪市北区芝田2-2-13 日生ビル東館3階
TEL 06-6147-8866
・新大阪
大阪市淀川区西中島3-8-15 EPO 新大阪 BLDG 10階
TEL 06-4862-5770
・大阪中央(難波・心斎橋)
大阪市中央区心斎橋筋2-2-22 小大丸ビル5階
TEL 06-6484-2460
・ガル探偵学校 大阪校
大阪市北区芝田2-2-13 日生ビル東館3階
TEL 06-6147-7977

 

contact us24時間受付

相談・調査に関することなら、
お気軽にお問い合わせください。