1. ホーム
  2. 社長ブログ
  3. 【探偵に聞く】探偵の浮気調査で失敗は無いのか?失敗談を恥を忍んで暴露します(笑)
新着情報メイン画像 新着情報SPメイン画像

  • ガルエージェンシーのブログ
  • President
  • 社長ブログ

社長ブログ

浮気調査について

【探偵に聞く】探偵の浮気調査で失敗は無いのか?失敗談を恥を忍んで暴露します(笑)

浮気

 

「探偵に浮気調査を依頼しようかと、考えているが、失敗しないのか心配」
「探偵が調査中に、バレることは無いのか?ばれたらどうなるのか?心配」
「探偵でも失敗することはあるのか?これまでに失敗した事例があれば教えて欲しい」
「調査中に撮影をして、撮影しているのがバレたりしないのか?」
「浮気調査のサンプルを見せてもらったが、このように撮影をして不審がられたり、撮影しているのが見られたりしないのか?」

 

ガルエージェンシーに相談や調査の依頼をされる方の殆どが、初めての方です。
その為、探偵がどのように調査をしたり、どのような調査報告書を作成してくれるのか?
よく理解できない方が殆どでしょう。
そして、もし調査依頼をしたことが夫や妻にばれることが無いのか?
又は、バレた場合どうなるのか?
色々な不安を抱えてご相談に来られます。

 

今回はそのような不安を少なからずも感じている方へ、探偵の浮気調査はどのようなものなのか?
これまでに失敗したケースは本当に無いのか?
探偵の調査の実態をご説明させていただきます。

 

□浮気調査中の失敗事例

 

 

ケース1:撮影技術や撮影機材等の問題により、不貞行為があったにも関わらず、効果的な撮影ができなかった。

 

浮気調査を行う場合、日中の場合や夜の場合など色々なシーンがあります。
撮影を行うには、昼間の明るい状況であれば、普通に技術があれば探偵も撮影ミスは少ないでしょう。
(もちろん経験の少ない探偵や機材が専用のものでなければ、画質も荒く、ピンボケだったりするでしょうが)
しかし、夜中の調査(撮影)の場合、昼間の明るい中での撮影と違い、思うような撮影ができにくいこともあります。
撮影の条件としては、随分と変わってきます。

 

・暗い分ピントが合いにくくなる
・暗い部分、証明など明るい部分など、人の目でしたら調整できても最新の機材でも思うように対応できないことも多くなります。

 

それをカバーするのが、状況に応じた撮影機材の使用であったり、撮影技術となります。
普通に殺意していては、思うように撮影ができていなかった。
そのようになりかねません。
そうなると、せっかく期待通りの不貞行為があったにも関わらず、効果的に撮影ができなかった・・・
これでは探偵としては失格です。
そのような内容の撮影で、調査報告書を作成しても十分な証拠とはならないでしょう。
決定的なものでなければ、結果的に言い逃れをされてしまうことでしょう。

 

このようなケースで失敗してしまう原因は
・探偵の撮影技術不足、経験不足
・適正な専門の撮影機材、それなりの高額な機材を所有できているのか
・場面に応じて撮影機材を変えるだけの複数の機材を持ち歩いているのか
・複数の探偵がチームプレーで撮影できているか

 

効果的な撮影を行うには、一人では思うように撮影ができないことも考えられます。
まずは見失わないように、撮影に集中できない。
複数の探偵がそれぞれに撮影を行うと、シーンシーンで誰かが効果的な撮影ができる。
一人だけではなく、複数のアングルから撮影することによって、そのうち一番効果的な撮影、写真を使用し調査報告書を作成できる。
一人で撮影したら、その写真しか使えない為、うまく撮影できなかったら、誰もカバーできなくなります。
被写体が鮮明に映らない事態や、対象を撮り逃してしまう事態が発生します。

 

 

スマートフォンで簡単に撮影できるようなシーンではありませんので、探偵の経験をつんだもので、撮影機材が適正なものを使用して浮気調査は行う必要があります。
浮気調査をとにかく費用の安いところ・・・そんな感覚のみで選択してしまうと、思うような結果を得ることができない場合がありますので、十分にご注意ください。
安い料金にはそれなりの理由があります。

 

ケース2:浮気調査の報告書が法的に使用できるようなものに仕上がっていなかった

 

浮気や不倫による不貞行為を理由に、離婚や慰謝料の請求に関する法的な手続きや裁判を起こしたいと考えた場合、証明するだけの調査報告書が必要となります。
しかし、裁判で証拠と使用するためには、探偵の作成する調査報告書は、書式のルールや誰が見ても不貞行為の事実があったことが明らかな文章であることが重要です。
ご依頼者様は、裁判や法的な手続きの為に高額な費用にも関わらず、探偵に依頼して調査をしたにも関わらず、浮気調査報告書が稚拙であたっり、粗末なものであったりしては、効果的なものとは言えません。
仮に調査はそれなりに結果が出ても、調査報告書の作成がその事実を適切に証明できるような内容でなければ、調査をした意味すらなくなってしまいます。
最近拝見した他社の報告書でひどかった事例は

 

・対象者が警戒していた為、あえて撮影を控えた。その為、写真が全くない。開始、終了の写真すらない。(あり得ません。恐れくまともに調査をしていないのでしょう)
・デジタルの時代に、まだアナログ。写真をプリントして、紙に張り付けた報告書。かなり年配の方が経営している探偵事務所のようでした。
・パソコンで印字されたものでは無く、手書きの文章で作成された調査報告書。
・写真の画質が荒く、対象者らの顔がピンボケしている

 

このような事例を多数拝見していますので、確かな調査経験や撮影機材を用いて撮影ができるのか?
探偵を選ぶ際は、見極めることが大切です。

 

ケース3:浮気調査中に対象者らにばれてしまう

 

探偵が調査中に対象者らに、不審がられてしまい、バレてしまうことがあります。
考えられるケース

 

・対象者の警戒感が強い
・以前、探偵他社でばれてしまっている
・張り込みの際に不審がられる
・尾行中に不審がられる。徒歩尾行、車両尾行中
・探偵調査員が適正な人員でない為、調査に無理がある

 

浮気調査の対象者はほとんどの人が警戒をしていることが多くあります。
当然、後ろめたい行為をしているわけですから、普段はそのようなことが無かったとしても、浮気相手と会っている際は、周囲を気にします。
キョロキョロと周りを常に気にします。当然ですね。

 

それに対して、対象者がどのような行動をしてもすぐに対処できるように、準備や訓練が必要となります。
対象者が突然不自然な行動をした場合、慌ててしまって、対象者に不審がられてしまっては、その後の調査に影響を与えてしまいます。
浮気調査中にやってはいけないミスの第一は「ばれる」かもしれません。
ばれてしまっては、その後の調査がまずスムーズにいくことは困難でしょう。
ガルエージェンシーでは、他の探偵事務所で失敗して相談に来られる方も多くいらっしゃいます。
状況をお聞きし、他社でのミスをどうカバーするのか?これまでも多数結果を出してきましたので、もし探偵他社で苦い経験をされた方は、諦めずにご相談ください。

 

もう一つ重要なことがあります。それは、ご依頼者様から情報が漏れてしまう・・・
どういうことかと言うと、ご依頼者様が探偵会社に調査依頼をしたことが、夫や妻にばれてしまうケースです。
過去にも何度かありました。
普段とご自宅での様子が変わってしまうのでしょうか・・・
夫や妻の行動が浮気をしている時には不自然に変わる。そこで不信感を抱く。
同じように探偵に調査を依頼したことで、普段と自宅で行動に変化が出てしまっているのでしょう。

 

・名刺を見られてしまった。
・調査契約書を見られてしまった。
・パンフレットを見られてしまった。
・メールのやり取りを見られてしまった
・パソコンの履歴をみられてしまった

 

このように普段は見ることの無いところにしまっていたのが、どこかで不自然に感じたのでしょう。
調査契約後や調査中にばれてしまって、調査ができなくなってしまったケースが何度かありました。
そのようなことの無いように、ご自宅でも十分にご注意ください。
名刺や契約書を持ち帰ることに不安があれば、その旨ご相談ください。

浮気調査がターゲット(夫や妻)にばれないためにも、探偵業者の選択と依頼者様の守秘の徹底が大変重要です。

 

□まとめ
今回は探偵が行う浮気調査の失敗事例や失敗しない為の対策について、ご説明させていただきました。
浮気調査の際に、失敗が起こりやすいケースを紹介しました。
浮気調査には、それなりの金額をご負担いただくようになります。
せっかくそれだけの出費をされて調査をされるのですから、期待するような成果が出る為にどのような選択をすべきなのか?
決して、安易に費用のとにかく安いところを探す。だけにこだわらず、見極めることが大切です。

 

ガルエージェンシーでは、長年の経験をもとにパートナーの浮気調査をお引き受けしております。
また、裁判で用いられる調査報告書の作成を承っています。
大阪周辺で、パートナーの浮気調査をお考えの方は、ぜひガルエージェンシーを選択のひとつとしてご検討ください。

 

 

ガルエージェンシーが選ばれる理由
なぜガルエージェンシーがNO.1を続けられるのか!?
参考にしてください!

 

 

◆探偵・浮気調査 No.1には理由があります。
探偵業界最大手・ガルエージェンシーは、約40年の歴史の中で調査力を磨き、数多くの実績を積み上げてまいりました。
相談者様の不安なお気持ちに、相談員・探偵一同寄り添い続けた結果、厚い信頼をお寄せいただけるようになったのです。
一歩踏み出して、私たちに悩みをお聞かせください。
プロフェッショナルな探偵調査員が、あなたの絶対的な味方になります。

 

◆探偵社ガルエージェンシー
・梅田キタ
大阪市北区芝田2-2-13 日生ビル東館3階
TEL 06-6147-8866
・新大阪
大阪市淀川区西中島3-8-15 EPO 新大阪 BLDG 10階
TEL 06-4862-5770
・大阪中央(難波・心斎橋)
大阪市中央区心斎橋筋2-2-22 小大丸ビル5階
TEL 06-6484-2460
・ガル探偵学校 大阪校
大阪市北区芝田2-2-13 日生ビル東館3階
TEL 06-6147-7977

 

 


探偵・調査ランキング

contact us24時間受付

相談・調査に関することなら、
お気軽にお問い合わせください。